『投資バカの思考法』
(藤野英人/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 アベノミクス発動以降、日経平均は上昇基調にありながらも乱高下を繰り返している。そうした状況下で投資家として安定して結果を出すには、確固たる信念と「思考の軸」が必要である。本書はそんな「思考の軸」を、25年の投資経験を持ち、「R&Iファンド大賞」を4年連続受賞するカリスマファンドマネジャー藤野英人氏自ら解説した一冊だ。

 著者は「洞察力」「決断力」「リスクマネジメント」「損切り」「時間」「増やす力」「選択力」の7つを「思考の軸」として挙げ、これらを武器にリーマンショックや東日本大震災も乗り越え、実績を出し続けてきたという。そしてそれらは、「未来を見通す思考法」とも呼ぶべきものであり、投資だけでなく仕事にも大いに応用できるものだ。

 当たり前だが、未来が読めないからこそ投資は難しい。著者も日経平均を予測するのは不可能だと説いている。ただし、未来が予測できなくても、長期的に勝ち続けることはできるという。それは、企業の利益の伸びと株価は長期的に見れば確実に連動しており、そうした成長企業を見つけ出すことは不可能ではないからだ。

 企業の成長性を見極めるためには、人々のニーズを見極め、投資を決断しなければならない。その意味で本書は投資テクニック本ではなく、「人間」を知るための一冊だと言える。投資家が読んでも当然参考になるが、投資には興味がないという方もぜひご一読頂きたい。一生使える物の見方、考え方が余さず披露されていることに驚かされるはずだ。

著者:藤野 英人(フジノ ヒデト)
 レオス・キャピタルワークスCIO(最高運用責任者)。1966年富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。野村投資顧問(現野村アセットマネジメント)を経て、96年ジャーデン・フレミング投信・投資顧問(現JPモルガン・アセット・マネジメント)に入社。中小型株のファンドの運用に携わり、500億円→2,800億円にまで殖やすという抜群の運用成績を残し、伝説のカリスマファンドマネジャーと謳われる。
 中小型・成長株の運用経験が長く、25年で延べ5500社、6000人以上の社長に取材、ファンドマネジャーとして豊富なキャリアを持つ。2003年8月レオス・キャピタルワークス創業、CIO(最高運用責任者)に就任
序 章 そもそも、「投資」とは何なのか?
第1章 洞察力 マーケット感覚を養うなら、専門知識よりも街歩き
第2章 決断力 決断とは、やらないことを捨てること
第3章 リスクマネジメント リスク分散とは「好奇心」の分散である
第4章 損切り 評価は常に「時価」で考える
第5章 時間 「お金」「効率」よりも大切なもの
第6章 増やす力 「経済」とは何か? 「お金」とは何か? を知る
第7章 選択力 未来に向けて、希望を最大化する戦略

要約ダイジェスト

投資家は何を見て、どう考え、どう決めるのか

 未来を正確に予測することは、誰にもできない。けれど、ファンドマネジャーは、未来を選ばなければならない。なぜなら、投資とは、「今この瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しをいただくこと」「世の中を良くして、明るい未来をつくること」だからだ。

 そしてファンドマネジャーの仕事とは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集