『世界トップリーダー1000人が実践する時間術』
(谷本有香/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 「Time is money」(時は金なり)という箴言は有名だが、「Time is on my side」(時間は味方だ)という言葉をご存じだろうか。実は、これこそが世界を舞台に活躍するリーダーやエグゼクティブ達に共通する、時間に対するスタンスだという。そのため、彼らは徹底して時間に対して「意識的」(タイム・コンシャス)」に接していたのだ。

 金融・経済ジャーナリストとして活躍する著者は、トニー・ブレア氏(元英首相)、ハワード・シュルツ氏(スターバックス・コーポレーション会長兼CEO)、柳井正氏(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)など、1000人以上ものトップリーダーへインタビューを行ってきた。多忙を極める彼らの時間術をまとめたものが本書である。

 しかし、常人の比にならないほど多忙なはずの彼らは、逆に時間に追われているように見えなかったという。本書では「時間を支配する」「ムダな時間をつくらない」「目の前の仕事をしない時間(バッファ)をあえてつくる」など、彼らの時間に対する「スタンス」「マインドセット」が明らかにされている。

 そのため、最新ツールの紹介にとどまらない普遍的な考え方として、時代を越えて役立つ内容となっている。若手からエグゼクティブ層まで「時間に追われたくない」「なんとかして時間をつくり出したい」と願う方は実践的なガイドとして、ぜひご一読頂きたい。

著者:谷本 有香(タニモト ユカ)
経済キャスター/経済ジャーナリスト。東京都出身。大学卒業後、山一証券に入社。社内経済番組のキャスターに抜擢されるも3年で倒産。松下グループなどでキャスターとして働く。
 その後Bloomberg TVでアンカー職として数百人の経営者インタビュー。米国でMBA取得後は日経CNBCキャスターに。英ブレア元首相、サンデル教授、スターバックス創業者、ポーター等、世界の1,000人を超える著名人にインタビュー。企画・構成・出演を担当した「リーマン経営破たん」「戦略なきニッポンの行方」で日経CNBC社長賞受賞。
はじめに
第1章 世界トップリーダーは、1分を60秒、1時間を60分、人生を30000日と考える
第2章 世界トップリーダーが支配する、時間に関する3つの法則
第3章 世界トップリーダーが実践する、「時間を味方」につける7つの方法
第4章 世界トップリーダーが教える、「スピードアップ」する6つの時間術
おわりに

要約ダイジェスト

世界トップリーダーは「時間を味方」につける

「無意味な時間」を持たない

 世界を舞台に活躍する「トップリーダー」は、時間に対するスタンスが驚くほど似ている。そのスタンスを端的にいえば、「Time is on my side = 時間は常に私の味方だ」という表現がぴったりだ。

 彼らは非常に「タイムコンシャス」(時間に対する意識が高い、鋭い「時間感覚」を持つ人)で、「無駄な時間は一切ない」と考える。といっても、余暇の時間がないという意味ではない。彼らも仲間とお酒を飲んだり、パーティーなどで旧交を温めたりすることもある。

 彼らが「無駄」と感じているのは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集