『人とチームの魅力を引き出す ドラマ思考のススメ』
(平野秀典/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 「人生はドラマ」という言葉は誰しも聞いたことがあるはずだが、実際にこの言葉をビジネスや処世術として活用できている方は少ないはずだ。しかし、この言葉は想像以上に奥深い。人生をドラマだと考えることで、人間関係や想定外の出来事、人生のマイナス局面に振り回されずに人生の主導権を握ることができるのだ。

 例えば、ドラマ思考では嫌な人や苦手な人をむやみに退けたりせず、ドラマを盛り上げてくれる「共演者」だと考える。つまり、悪役がいるからこそドラマが盛り上がり、苦しい局面があるからこそ「感動」が生まれるのだ。嫌いな相手のよい所を無理やり考え出すような、偏ったポジティブ思考よりも、自然で納得感ある考え方ではないだろうか。

 また、ドラマのテーマには大きく「ハッピーエンド」か「悲劇」しかないという。人生をハッピーエンドとして描くことで、苦境すらもハッピーエンドへの序章ととらえることができる。そして、どちらのテーマを掲げるかは、自分自身で決めることができるのだ。このように人生とドラマ、演劇とビジネスには多くの共通点とヒントが隠れている。

 著者は一部上場企業で活躍する傍ら、10年に渡り演劇の舞台俳優を経験し、主客一体となって「感動」を創造する独自の「ドラマ思考」を磨き上げた。本書では「ドラマ思考」を表現力や才能開花に活かし、人間関係やセールス、組織づくりにまで応用する方法が描かれている。新たな挑戦をされる方、現状を打破したい方はぜひご一読頂きたい。

著者:平野秀典(ヒラノ ヒデノリ)
感動プロデューサー、公演家、作家。有限会社ドラマティックステージ代表取締役。1956年生まれ、立教大学卒。一部上場企業のビジネスマンの傍ら「演劇」の舞台俳優として10年間活動。ビジネスと演劇の関連性に気づき、独自の感動創造手法を開発。勤務企業のV字回復に貢献。
 独立後は、日本で唯一の感動プロデューサーとして、規模や業種を超えた様々な企業へ講演(公演)・指導を行い、誰にでもできる感動創造の極意を伝えている。サントリーホールや紀伊國屋ホールでもセミナーを開催し大きな感動と反響を呼ぶ。講演・指導企業は一流企業を中心に数百社、受講体験者は累計で20万人を超える。著書は『感動のつくり方』(フオレスト出版)『GIFTの法則』(日本経済新聞出版社)など、本書を含め国内14冊、海外翻訳11冊。
プロローグ 日常が感動の舞台に変わる
シーン1 日常は映画よりドラマティック
シーン2 ドラマが感動を呼ぶように人生に感動を生む
シーン3 一流の役者のように自分自身を演じ切れ
シーン4 トッブセールスと一流の役者は同じスキルを磨いている
シーン5 結果を出すリーダーと名演出家は同じ方法を使っている
シーン6 一流の経営者と人気脚本家は同じ能力を持っている
シーン7 ドラマのテーマを決める
シーン8 Win-WinからHappy-Happyへ
シーン9 感動を生み出す心の使い方
エピローグ イッツショータイム

要約ダイジェスト

人生はドラマ、あなたは主人公

 「人生は舞台、人は皆役者」という人生のとらえ方がある。自分の人生をひとつのドラマだと思い、ハッピーエンドを意識して生きることができれば、ありふれた日常も感動を生み出すかけがえのない舞台になり、人生はまったく違う見え方になるのだ。

 ビジネスにおいて、ドラマ思考的発想で成果を上げている人や企業も増えてきている。ハーバード大学のビジネススクールがマネジメントの題材にした、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集